FX比較/外為比較の決定版!

FX比較信託保全と分別管理

FX(外国為替証拠金取引)を扱うFX業者の手数料やサービスを徹底比較FX取引に役立つ情報が満載!
FX比較ナビTOP > スポンサー広告 > スポンサーサイト > FXトレード入門知識 > 信託保全と分別管理
FX業者比較
FX業者ランキング
外貨の特徴
FXトレード入門知識
FX用語集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告|

FX資産の安全性

外貨預金の場合、取り扱っている銀行が破綻すると、預けていた預金が戻ってこない恐れがあります。これは外貨預金は預金保険の対象外だからです。外国債券の場合も発行している企業などが破綻していると、ただの紙切れになる恐れがあります。

通貨の場合はよほどのことがない限りお金の価値そのものがゼロになることはありません。

しかし、FXの場合はそれを取り扱っているFX業者が破綻するというリスクが存在しています。


信託保全とは?

FX業者の破産の際にも資産の安全性を確保するために、信託保全という手法がとられています。

信託保全とは、FX業者が顧客から預かった証拠金を銀行の信託口座に預け、その銀行の資産と分別して管理することで顧客資産の安全性を確保するというものです。

信託保全をとっていれば、FX業者の経営が破綻したとしても、信託管理人によって顧客に証拠金が返還され、資産の安全性が確保されるのです。

つまり、FX業者を比較選択する際には、信託保全をとっているかどうかも重要な判断ポイントとなります。


分別管理とは?

FX業者の中には、信託保全ではなく分別管理という方式をとっているところもあります。

分別管理とは信託口座は利用していないが、あくまで自社の資産と分別して顧客資産を管理しているというものです。

分別管理によって正しく分別して資産管理されていれば問題はありません。しかし、外部機関の信託口座を利用していないため、実際には分別管理できていないというリスクも存在します。
つまり、きちんと分別管理できていないことにより、顧客資産を完全に保全することもできないというリスクも存在するのです。

そのため一般的には、外部機関により資産分別が明確となっている信託保全のほうが分別管理より安全であると考えられているのです。

スポンサーサイト

2007/02/15(木) 11:51:56| FXトレード入門知識|

【免責事項】 当サイト管理人は、当サイト上のコンテンツに基づき生じた損害、損失に対して一切責任を負いません。
当サイトのコンテンツ(画像、文章、デザインなど全て)につき無断で使用、複製することを禁じます。
月別アーカイブ 日別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。